qchanmamaの日記

1児のママです。日々の生活で感じたことや面白いと思ったことなどを記事にしています。

退職した今、思うこと

先日退職して、無職な日々が続いております(もう少ししたら仕事する)。

退職に関しての記事は↓

退職理由の記事は別途投稿予定なのですが、

長文になりそうな気がしてなかなか書く気になれず。

でもいつかアップします。

 

今日は退職して半月ほど経った今、感じていることを投稿します。

 

<良かったなと思うこと>

1. 夫に対するイライラが減った

家事や育児の分担ということにほとんど気を遣うことがなくなりました。

働いていた頃は、手伝ってほしいことが多く、でも夫も疲れてるだろうしと、結局私が負担する流れで勝手にイライラとしてしまっていたのですが、今は手伝ってくれたらラッキーぐらいな感覚です。

 

2.寝る前に読む絵本の数が増えた

働いていた頃は、子供にとにかく早くねてもらいたくて必死でした。

絵本も1冊だけ読んで、もう明日も早いんだから寝ないとダメだよ、みたいにちょっとイライラしながら就寝していました。それが今は子供の絵本にとことん付き合ってあげられます。働きながらでも、器用にできる人もいるのでしょうが、私には難しかったので、この点もとても良かったなと思っています。

 

3.夕食を手作りする

特に油をたくさん使うようになりました。コロッケとか、からあげとか、揚げたては本当に美味しいですよね。ご飯も、しっかり水につける時間をとって、炊きたてを食べると美味しいですよね。食費も安くなりました。

 

<あまり良くないと思うこと>

1.話し相手がいない

私の場合、気兼ねなくお話しできるご近所のママ友が今の所いない(前に一人いたけど引っ越して行った)ので、いつでも話ができる人と言ったら母親くらいしかいません。

これに関してはちょっとした危機感を覚えています。SNSなどで人と繋がっている実感は持てているものの、「ちょっと聞いてよー、昨日こんなことがあってさ」みたいな話をできる人がいないんです。もう少ししたら仕事を始めるので、新しい人脈作りに励みたいと思います。

 

以上が今感じていることです。

良くないと思うことが1つだけしかないのですが、これから増えるかな?

今のところ、後悔はありません。私の性格上、退職はなるようになった結果かなと思います。

時短で復帰後、退職しました

昨年末頃から色々と考えて退職するとにしました。

 

退職したことを、お世話になった方々に告げて、今日は飲み会でした。

 

本当にありがたかった。

こんな私のために飲み会を開いていただき…

 

女性の先輩社員の方々です。

 

入社して間もない頃、私からしたら憧れの先輩でした。

 

退職理由を、うんうん、と聞いてくれました。

 

あなたは真面目だね、と。

 

私の会社は育児が理由で退職した場合には再雇用制度があり、一定の期間内であれば復帰できるのですが、

 

「あなたは、絶対にいつか戻ってくる。戻ってきて、もっと大きくなる人だと思う。」

 

としみじみ語ってくれて、泣きそうになって涙を必死に堪えた。

 

退職を決めた今は戻ることなんて考えてない。

 

でも、、今、気が変わったように、ライフステージに合わせてまた気が変わるかもしれない。

もしもまた、その先輩方と一緒に笑って仕事ができる日がきたら本当に嬉しいと思う。

かましい希望だけれども。

 

本当に貴重な経験をさせていただいた会社には感謝しかない。

 

私は、今のライフステージに合った生活、そして仕事を、やっていきたいと思う。

新しい生活に向かって頑張ろう。

体調が優れない…

同じ場所にずっと立ちっぱなしで、肉体的な疲労と、精神的な負担が大きくて辛い。

 

夕飯も、復帰前に作り置きしておいたストックがなくなり、コンビニで買ってなんとかしのいでる。こんなんでいいのか…

 

復帰したばかりの頃はちょっと脚がパンパンくらいで済んでいたけど、今は夜になると眠れないほどつらい。

 

階段もゆっくりのぼる。年寄りみたい。

 

ほんとつらい。辞めたい。でもまだ1ヶ月しか経ってない。

仕事辛い

本当に全く希望してない職種になってしまい毎日がつらい。

 

子供いて大変だから、楽な仕事にした、っていう説明だった。

 

私は多少大変でもいいからいままでの仕事の続きがしたいんだ。

 

別の会社に入ったみたい。

 

真剣に保活して馬鹿みたい。

 

精神的に辛くて泣きそう。ってか今泣いてる。

朝からイライラ…

洗濯物の話です。

 

以前こんなことがありました。

翌日私が仕事、旦那が休みの日の夜、

夜遅く帰ってきた旦那が洗濯機をまわしました。

夜のうちに干しておこうと思ったのでしょう。

 

ところが、夕食を食べたあと酒を飲み、youtubeをだらだら鑑賞したあげくにそのまま寝てしまったようで。

 

朝起きたら洗濯機の中に洗濯終了したものが濡れたまま入っているという…

 

そして今朝は何が起きたかというと、

洗濯機の乾燥モードがガタガタ動いていました。

おそらく、夜洗濯機をまわして、そのまま乾燥機モードにしたと思われる。

洗濯機のある部屋のドアを締め切っていたのでものすごい湿気で部屋中がくさい…

 

しかも、私が仕事に着ていくちょっとしたオシャレ着や子供のよそいきの服も一緒にぜーんぶ入ってた。

 

普通の洗濯ならまだしも、乾燥までは耐えられないだろうなという服。こういうものの選別は旦那にはできないのである。

 

今日は午後から晴れ、明日、明後日私は休みで天気も悪くないのに、

なぜそんなに急いで、洋服を痛めてまで洗濯機をまわそうと思ったのか、意味がわからない。

 

昨晩も夜遅くまでだらだら起きていた旦那。

干すのが面倒だったのか?

 

こういうとき、笑顔で「次からはこうしてくれたら助かるな〜」と言わなきゃいけないんですよね。

 

ところが私はそんなできた人間じゃないから本当にイライラして仕方がなく、すぐに洗濯機を止めて中身を取り出して、

そのままでも大丈夫なもの、ダメなものに仕分けした。

ダメなものは、やり直す時間もないからビニール袋に入れて旦那に見えないところに置いた。それも本当は嫌だったんだけど朝から時間がなかったから仕方ない。

いまからこれやったら遅刻しちゃう、とボヤきながら。

 

そんな私をみて旦那も、イライラしてる。

 

我々夫婦には、腹を割って話し合うという文化が無い。

 

そのまま黙って朝食。

 

これ、なんとかならないかね。

 

前に、白いものと色のついた黒い物を一緒に洗われたときは、洗濯物を入れるカゴを白と黒用意して、これは別々に洗ってね、と一言言って終わった。

 

今回のは、旦那が休みの前の日の夜には洗い物を隠しておくか、洗濯機を使えないようにしておくぐらいの対策しか思いつかない。

旦那に言われたくない一言。

昨日こんなことを言われました。

 

「仕事休んでばっかりだな。復帰できてないな。」

 

あなたが会社に行ってる間、私は子供の看病してましたが。

 

なんでこんなこと言われなきゃなんないの?

ムカつくわー。

黙って働けや。

 

昨日旦那が休みで私が仕事。

家に帰ったら、私は子供を寝かしつけて旦那は一人で晩酌。

休んでばっかりなのはどっちだよ。

電車の中での出来事に思わず涙。

仕事から家に帰る電車の中。

小学生の女の子が席に座って爆睡していた。

 

あまりに爆睡しているので、周りの人は乗り過ごしていないか心配になっていたと思う。

 

途中でハッと目が覚め、隣の人に

「ここどこですか?」と聞いて泣き出してしまった。

 

10駅以上も乗り過ごしてしまったらしい。

 

周りの人が心配して、女の子に話しかけて、

泣かなくて大丈夫だよ、一緒に駅まで行ってあげる、と言っていた。

みんな、心配そうにみていた。

 

「お母さんの電話番号は?わかる?」

 

「いま、仕事中…」

と言って泣きじゃくっていた。

 

自分の娘がこんなことになったら…

その子が可哀想でしかたなくて、

ほんと胸がいっぱいになって、涙出た。

 

どうしよう、っていう表情をして泣いているその子の表情が忘れられない。